塗料は大きく4種類に分けられます。
価格が安い方から「アクリル塗料」「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「フッ素塗料」の4種類です。
当然ですが、値段が高くなるほど長持ちします。
参考までに、「アクリル塗料」で約6~7年、一番高価な「フッ素塗料」で約15~20年位の耐久性です。

もちろん、お住まいの周辺環境や塗装をする場所によっても選ぶ塗料は変わります。
現在では、耐久性とコストパフォーマンスのバランスが良い、「シリコン塗料」が人気があり使われるシーンも多くなっています。
最も高価で長持ちする「フッ素塗料」は、それほど頻繁に塗り替えメンテナンスが行えない商業施設や大きなビルなどで最も使われる塗料です。
ぜひ、塗料の「耐久性」と「コストパフォーマンス」を調べてお選びください。

塗装の“役割”は建物を守ること

塗装は建物の美観を保つ目的で行われるだけではありません。
特に外壁塗装は、太陽の光(紫外線)や雨、風、気温の変化などにさらされ、年月の経過と共に劣化して行きます。
塗装面の劣化は、塗膜の剥げやヒビ割れが代表的ですが、それを放置してしまうとヒビ割れ面から雨水が浸み込んだりして、家の柱や支柱を腐らせてしまい、建物自体の劣化を早めてしまうことになってしまいます。
塗装面を「塗膜」と呼びますが、塗料の膜で建物を保護するのが「塗装」の目的なのです。

アドバイスポイント

外壁の塗装は約10年ほどで劣化が始まります。
長寿命タイプの塗料を使っても、気象環境や紫外線などによる劣化は避けられません。
ひび割れや塗膜の剥がれ、カビや藻の発生が塗り替えサインです。
おおよその目安として外壁は10~15年が塗り替えのスパンになります。

そして屋根は、太陽光や風雨に日々さらされていますので、思ったよりも寿命は短いです。
屋根の塗り替えスパンは約10年程が目安です。

続いて、木部の塗装は材質的な問題から3~5年程が目安になります。

頻繁な塗り替えが必要に思われますが、住まいも車と同じように小まめなメンテナンスを行うことでいつまでも美しい姿で長持ちします。
それが結局は長い目でみるとローコストな場合が多いのです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事