2019年秋から着工しておりました、水戸市N様のアパート改修工事をご紹介致します。

築年数約30年以上のアパート

長年の湿気の影響などで外壁サイディングの約半分程度が塗装では対応しきれないという劣化した状態でした。

半分は塗り替えで施工し、あと半分はサイディング張替え施工という工程となりました。

外壁サイディング材で同じものが無いため、似たデザインのサイディング材を探しましてオーナー様がご納得頂くまで探しました。

時間は少々頂きましたが、施工後は違和感がなく綺麗に完成です。

経年劣化した部分が多いため、完了検査では他の割れやシーリング部なども細部に渡ってしっかりと確認。
補修ポイントも入念に再施工を行って、無事に完工となりました。

天候の影響を受けて工期が長引きましたが、入居者の皆さまも今後安心して末永くお過ごし頂ける状態になりました。

入居率アップを目指して、アパートやマンションの改修工事をご検討の場合は、ぜひ当協会へご相談ください!

それでは、まず最初にBeforeからご紹介します。

典型的な経年劣化の状態で、このタイミングでの改修工事が建物を長持ちさせるギリギリと言った状態でした。

続いて、After

建物全体が明るい雰囲気になりましたので、今回の改修塗り替え工事が防犯上の対策にも一役買ってくれると思います。

今回の施工担当は、ヒキタ塗装店が実施

検査担当は、(株)冨山塗装 と サンコー塗料(株)が担当致しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事